日々のつれづれ・・

アクセスカウンタ

zoom RSS 晩夏の朝に

<<   作成日時 : 2012/08/18 07:47   >>

ナイス ブログ気持玉 27 / トラックバック 0 / コメント 18

画像


真夏の よく晴れた日の
夜明け前

真っ黒な富士山の
山頂や 登山道に 宝石のような灯火
がいくつも煌いて、見えます。

今 この時間に、
頂上を目指している人々がいる。

マクロ的な目線で 人々の営みが見え、
リアルに感じられる 一瞬 です。

対面には 三日月が見えます。

その方向に やがて神秘の光りで
空にさまざまな色を映し出しながら
太陽がお出ましになる。

自然は、毎日、毎日 違う顔を見せながら
一日の始まりを告げます。

私の好きな ”とき” です。


 ※画像はプロカメラマンのものを拝借しました。
   山梨県側(南アルプス)から撮影しています。


  
   ↓何かの作業をしながら、
    あるいは、寝る前に、
    聴いていただくといいかもです。
    一時間ちょっとあります。

ベストジャズ 16曲


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 27
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い

コメント(18件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは^^
いつもアクセスありがとね!

ジャズの調べ…良いですね。
最初の写真もきらりんちゃまが写したのかとびっくり。
あり得るよね。(笑)

ジャズと言えば、学生時代に道東の屈斜路湖まで札幌から夜汽車に乗って女4人で出かけました。
ジャスフェスティバルがあったのです。(屋外の)
タモリさんの司会でラストは空も晴れて、盛り上がりましたよ。
私はカメラマンと間違えられ、、皆のいる楽屋まで行けちゃったのです。
懐かしい時代だな〜〜!
これから、しばし、ここのジャズ聴いてみますね。
また来まーす!

betty@@
betty
2012/08/18 13:10
はじめまして。
気持玉をありがとうございます。
素敵な画像ですね。絵かと思いました。
文章もとっても詩的で素敵です。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
TAMO
2012/08/18 15:11
bettyちゃま
 コメントありがとうございます。


今朝の星、きれいだったよー。

今日も、自慢ながら、こちらは酷暑です。
おまけに、マイカー(ママチャリ)の
タイヤがパンク・・・
汗みどろで、マイカーを引き引き、お買い物・・・・
おさんどんは、ツライよー。←愚痴。。。

屈斜路湖で、ジャズ
まったく・・・bettyちゃまは、行動派だったのね。

今日も、ごきげんよくね。
(ママじゃないけど、ちと、心配。。

以前は ユーミンに会いたくて東京にきたのだっけ?
きらりん
2012/08/19 14:42
TAMOさん
 コメントありがとうございます。

そうですね。
描いた絵みたいですね。
高い山から撮影したものと思われます。
コンピュターで、画像処理(色など)したものか
どうかは わかりません。
でも一瞬、太陽光でこの色が自然に出たの
かもしれません。

そのチャンスを逃すか、、逃さないかが
プロとアマの違いでしょうか。

北国で頑張っていらしゃるのですね。
コメント、嬉しかったです。
きらりん
2012/08/19 14:48
きらりんちゃま、おはよ!
ユーミンはね、札幌のコンサートの帰り、、私と彼が乗った車とシャワー後のユーミンの車とが信号で横付けになったの。
それで、ユーミンのホテルまで行ったの。

東京へは、松本に旅した帰りに一人になって中学から文通していた友人に会いに行ったのよ。
新宿で待ち合わせて、すぐ意気投合。
で、彼女の家に泊めてもらって、一人でプラプラ。
で、八王子のユーミンの実家の呉服店にも行ってみたの。
帰りは、飛行機で函館空港へ降り立ち、、彼のところへ。
まあ、時間だけはあった学生生活で、、結構楽しんでたよ。
第2の青春、謳歌。
そのあと、いろいろと人生は変わるのです。
続く。。笑。

betty@@
betty
2012/08/20 08:53
bettyちゃま
 
ユーミンとの出会い。
信号で横付け。。。偶然ですね。

後のエピソードも
どっかで書いてたね。

ユーミンは美大を出て
画家になろうとしたのかしら?

三鷹だか、吉祥寺だかの呉服店の
お嬢様だったのは
聞いたことあります。

お嬢様だったのね、貴女も。
今も そうよね。

人との出会いって
不思議よね。
出会いから始まるからね。
ユーミンは、いいパートナーに恵まれたよね。

越路吹雪もそうだし、
女性アーティストはいい旦那で
また、磨かれると
いう気がします。

あ・脱線しました。
(こんなおしゃべりもいいよね。笑)
きらりん
2012/08/20 18:46
とっても幻想的なお写真です〜。やはりプロはすごい!
富士山の近くにお住まいですか。雄大な自然を間近に
見れるなんて素晴らしいです〜。
リンゴ
2012/08/24 11:55
富士山の写真、普通に撮れたんだったらすごいです。
僕も、何日か前に富士山見てきました。
記事にアップしてます。
登ったことないんだけど、見てるだけでもいいですよね。

ジャズはよく分からないんだけど、
CDとかも持ってて、なんとかく聞き流します。
まあ、そんな聴き方もいいでしょ。

bettyさん、入院したんですね。
早く退院できるようにお祈りしましょう。

あ、八王子の荒井呉服店、話の種に今度見てこよう。
バイクで行ったら15分くらいかなあ。

  bettyさんの回復を祈る・はげおやじ・より

はげおやじ
URL
2012/08/24 22:26
リンゴさん
 コメントありがとうございます。

>富士山の近くにお住まいですか。
 いいえ。
 すぐ近くではありません。
 神奈川県の西部なんです。
 遠くに見えます。
 
 しかし、富士山が噴火したら、
  確実に灰が降ってくる
  地域です・・・・
  自然はありますが
  家も多い地域です。
  ウチは県道に面していますので・・・

  ところで、リンゴさんは
  画を描かれるのですね。
  私も 趣味で油絵を少々やっています。
  今、フェルメールの有名な絵
  「真珠の耳飾りの少女」を模写しています。

   (なんとも、大胆でしょ? 笑)

  有名な絵の模写は 勉強になります。
きらりん
2012/08/25 17:23
はげおやじさん
 コメントありがとうございます。

富士山の画像はプロのカメラマンです。
拝借しました。
南アルプスから眺めた富士山です。
高い位置から撮ったのだと思います。

富士山は世界自然遺産になんて
言われていますが、結構ゴミも多いと
聞いています。
それに、噴火の可能性もあるし
美しい山の形が崩れたら、どうするんでしょ?

スタンダードジャズは
心地よく聴ければいいんです。

荒井呉服店って
今もあるんですね。
甲州街道沿いですね。。
ユーミンのお力が多大では
ないでしょうか?

bettyさん?
彼女は強いから心配ないです。
強いから、生きてこれた。
これからも多分オーケーです。
私みたいに、軟弱でないから・・・(?)
・まぁまぁ・・どこが? と聞かないで。
きらりん
2012/08/25 17:35
こんばんは
素敵な富士山
私も絵かな?と思いました。
写真だったのですね。

ジャズといえば、ジャズ喫茶で、昔トマトジュースを頼んで長い間座って
レコードの音を楽しんだことを思い出します。

はるか遠い昔w

ユーミンといえば、Eテレで、11時から放送の
素敵な女性(スーパーウーマン)と、ユーミンのやり取りの
テレビを夕べ見ました。
次は、9月7日夜11時からだそうです。
次も見たくなるような内容でしたよ^^
関東でも同じ日に放送かな??

2012/08/25 20:47
鈴さん
 コメントありがとうございます。

毎日、暑いですね。汗・・・

そうなのです。写真なのです。
キレイですよね。
思わず、携帯の待ちうけ画面にしちゃいました。笑

ジャズ喫茶で、トマトジュース!!
えー! 
鈴さんも結構 歳なのね・・・失礼、笑

そうですか。
ユーミンは頑張っていますね。
9月7日に放送があったら、録画しておきます。
ありがとう。
きらりん
2012/08/26 13:38
きらりんさん今日は。お元気ですか?
 ジャズは暑い日の夕方聞くのが、意外と感傷的ですね。
 ムカシムカシ、わたしが若かりしころに、クラシックとはちがう音楽に、とてもフシギな思いをしたことがあります。その頃は、どちらかというとジャズは不人気で、あれは黒人の悲鳴の音楽、あるいはボヤキの音楽、といわれていてように思います。でも、よく聞いてみると、どこかで魂を動かす響きがあるんですねぇ。
 ブラジルにあるサンバ。まあ、ジャズの一種ですが、はじめのころはスローテンポで、本当に悲しみを込めた黒人の哀歌そのもの。カーニバルでサンバが行進曲風にアレグロに変形してから、楽しい音楽だと思われるようになりました。ジャズも実は・・・というわけなんですが、現代はすっかり様変わり。
 明け方の黒富士!
・・・朝まだき冷気に沈む黒富士のそこここに点く吐息の灯り・・・光でした。
 黒富士に見える人の生活の灯りを、目ざとくあなたは見たんですねぇ。スバらしい感性!お元気でね。
donatadeshoka
2012/08/28 18:08
donatadeshokaさん
 コメントありがとうございます。

ジャズのは
黒人の虐げられた歴史の上で
発展して、受け継げられ
今も、生きているんですね。

スペインのフラメンコもそうです。
シブシーのきつい肉体労働の慰めでも
あったのですね。

貴族の慰めではなく、
庶民の喜びの音楽。

現在は、真夏の夕方、涼しい風を
受けながら、聴くのが楽しい。
人生の、つかの間の喜びです。

>黒富士に見える人の生活の灯りを、
 目ざとくあなたは見たんですねぇ。

 そうなんです。遠くで、誰かが私たちを
 見下ろして 見ている。
 そんな瞬間、お互いに生きているんですね。

 ヒカルさんも、お元気で。
きらりん
2012/08/29 19:52
一途な灯火が動いてゆき、神秘的な時間ですね。
知らなかった世界です。
お家から山が見えるのですか?
我が家は近すぎて。比叡山が見えますが、意識していません。少し距離がある方がいいのかな。
クロゼット☆ライター
2012/08/31 23:29
クロゼット☆ライターさん 
コメントありがとうございます。

>お家から山が見えるのですか?
 
はい。 
箱根連山が見えます。 
家は平屋なので、 外に出ると、
家々の間から 山が見えます。 
東京に育ったもので、 この地に来たときは、 
わー! 山が見えると感動したものですが、
 最近は、見慣れまして全然意識していません。笑  

山は遠くから見るのがいいのだと思います。
きらりん
2012/09/01 09:43
家事をやりながらとか、音楽かけてますが、ジャズは大好き
今日の夜でも聞いてみますね〜。
夕顔とひまわり
2012/09/09 15:43
夕顔とひまわりさん
 コメントありがとうござます。

>今日の夜でも聞いてみますね〜
 ぜひ、どうぞ。
 いつもアクティブな貴女は
 賢くて、働きもの なのね。
きらりん
2012/09/09 19:32

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
晩夏の朝に 日々のつれづれ・・/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる