日々のつれづれ・・

アクセスカウンタ

zoom RSS 泥より出でて泥に染まらず

<<   作成日時 : 2013/08/01 16:09   >>

ナイス ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 2

画像



夏の早朝に咲き、お昼には閉じてしまう、
蓮華(ハスの花)

お寺の 庭に咲いていたところを
スマホでパチリ。


画像



仏教では泥水の中から生じ
清浄な美しい花を咲かせる姿が
仏の智慧や慈悲の象徴とされ、
ハスの花、すなわち蓮華は、
清らかさや聖性の象徴として称えられることが多い。

泥より出でて泥に染まらず・・・とは、

どんな状況の中でも
自分を見失わず、
美しく生きろ・・・
という意味かな?

難しいです。・・・笑


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 15
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
 きらりんさん今日は。お元気ですか?
 ハスの花は泥から生まれて、清純な色を表していますね。わたしは泥から生まれて、泥のついた茎だけを伸ばし、花を咲かせないまま人生を終わる感じです。
 泥臭い生き様が、わたしのモットーとするところですが、ときには深いため息をつくことも。根がシャイですからね。
 ハスの花といえば、ムカシ好きだった数々の女たちは、清純なピンク色に輝いていたもの。いつしかピンクの色も褪せて、わたしがすべてに萎れていく感じで、彼女たちも、と思いましたが。思い出の中の女たちは、どうしてどうして、色あせるどころか、ピンクから煌びやかに真紅の色へ変身。
 ムカシ、アイツとアイツはきれいだったなぁ。今でもきれいな女のままなのは、前世というか仏様の祟りで、そう見えるのか。半ボケのわたしの頭で考えても、わかりませーん!
 ところで、遅ればせながらも、暑中お見舞い申し上げます。いつまでもきれいでね。背の君がやきもちを焼くぐらい、美人でいることを望みます。お元気でね。
donatadeshoka
2013/08/22 00:30
donatadeshokaさん
 コメントありがとうございます。

>泥臭い生き様が、わたしのモットーとするところですが・・・

  ↑ 素晴らしいですね。
    よき人生ですね。
    泥臭くない生き方なんて、あり得ません。。。
    と、私は思いますが。。。
    苦のない、楽な人生なんて、意味ない、ない。。。笑

    また、見た目の美人なんて、色あせるものでしょ?
    美人とは 程遠い私が 言うのもナンですが。。。
    まぁ、キレイなほうがいいですよね。
    やっぱり。。。ねぇーー笑

    関東は 3日続けて、猛暑です。
    汗かきながら、西日が当たる部屋より
    久しぶりキーボードを叩いています。

    ヒカルさんも、ご自愛くださいね。

きらりん
2013/09/01 16:49

コメントする help

ニックネーム
本 文
泥より出でて泥に染まらず 日々のつれづれ・・/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる